西原理恵子の太腕繁盛記


西原理恵子の太腕繁盛記(西原理恵子/新潮社)

西原氏が、FX投資で博打をするドキュメンタリーマンガなのだけれど、サブプライムと丁度重なった時期に連載していたという間の悪さ。
勝ってばかりの展開だと、話しとして面白くなくなってしまうだろうけれど、ここまで負けてばかりというのも、それはそれで、ちょっとワンパターンな感じが途中からしてきた。それでも、毎回必ずオチをつけつつ上手くまとめてしまう力技は見事だと思った。
途中で連載が終わってしまったためか、FX投資の話しは前半のみで、後半は森永卓郎氏へのインタビューや、FXとはまったく関係ない別もののマンガが挿まれていて、なにやら混沌とした本だった。
【名言】
やらんが一番もうかる
IMGP8018.JPG

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告