プライド


プライド 全12巻(一条ゆかり/集英社)

ジェットコースターに乗っているような、息もつかせぬ勢いのまま最後まで突っ走るテンションがスゴい。次の展開がまったく読めない。一体誰が、この、最終巻の結末を予想し得ただろうか。
すべての面において相容れない主人公同士の、女対女のぶつかり合いが激しすぎて、コワいぐらいだった。それでも、音楽という共通の基盤の上では、他の誰よりも共感し合うというのは面白い。
全体的に、女が強すぎて、男はどれも霞んでしまっているのだけれど、ただ一人、神野氏だけは特異な存在感をみせている。爬虫類的な冷たさがあって、気持ち悪いんだけれど、意外にも気がきいたり素直だったりして、だんだん「実は、結構いいヤツなのでは」と思えてきた。
主要登場人物の9割が、何らかの形でブッとんでいる変人なので、たまにマトモな人(タミちゃんとか)が出てくるとなんだかホッとする。衝撃のラストまで、ノンストップでひたすら濃い内容だった。
【名場面】
 
どんなにみっともなくっても、与えられたチャンスに食いつく事。
その道の一流の裏と表を知る事。(1巻p.21)
人には向き不向きがある。丈夫で安っぽい野の花じゃないだろ。
君はね、温室で大切に育てられて初めて価値を発揮する大輪のバラだ。(1巻p.151)
 
蘭ちゃんのピアノに神野さんからの花束と拍手・・
いつもそうだ。あの女が私をみじめにさせる。
私が欲しくてたまらないものを、あの女は易々と手に入れるのよ!(2巻p.34)
聞く人の胸にまで届かない。一番大切な感動が無いんです。(2巻p.120)
 
いつまでたっても、初めて会った時に味わったみじめさが消えない。
自分の卑しさが、うす汚さがみじめになる。
この女が汚れればいいのに、不幸になって泣けばいいのに。(3巻p.73)
そうね、利用させてもらうわ。
あなたも、あなたの恋も。
そうやって素敵になって、私に沢山のチャンスをちょうだいよ。
広告塔にするには、あなたくらいぴったりな女はいないわね。(3巻p.106)
 
「相変わらずだわ、史緒さん。いつも正しくって。あなたのそういうとこ、大嫌い。気持ち悪い」
「こうしか生きられないの」
「私も、こう生きるって決めたの」(4巻p.47)
「君が遊びが出来る女ならOKだ」
「遊びで・・いいです」(4巻p.160)
 
なんでよ!なんでいつもあんたばっかり!(5巻p.8)
なんでも時があるのよ。
うまくいく時、いかない時。
今は押す時か、引く時か。
自分は今何をする時か。
それを間違えるから、うまくいかないのよ。(5巻p.39)
 
「ごめんなさい。止まらないんです。ほっといて下さい」(5巻p.97)
ピアノって、こうやって弾くんだ・・
知らなかった俺・・
自分が思っていたよりもっともっと、ピアノが好きなんだ(6巻p.47)
 
双子でも姉妹でも、友達ですらないのに、
どうしてか互いがどう歌いたいのか、自然に解る。
憎んでも離れても、またこうして音を重ねる度にお互いを認めてしまう。
この不思議な関係を、人は何と言うのだろう。(9巻p.55)
今、俺は、奇跡を見ている。
あの萌ちゃんが史緒クンに手をひかれて、目の前を歩いている奇跡を。(9巻p.125)
 
ただの優等生から、本物になるのか!?
ほんの一握りの歌手にしかもらえないギフトを、シオはもらおうとしているのか!?(10巻p.93)
私も妬みましたけど、史緒さんは成功するとも思ってました。
あの人は立ってるだけで、人の目を奪うんです。
そういう持って生まれたオーラには絶対かなわないですよ。
主役になる人生を歩む人って、最初から主役なんです。(11巻p.161)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告