受動的な読書は何も残さない

DSCF0784.JPG
読書というのは、本が何を言おうとしているかを読み取る行為ではなく、
自分が知りたいと思っていることを、本からムリヤリにでも掘り起こす行為であるべきだと思う。
本が言う意味をじっくりと正確に読み解こうとする受動的な読書は、時間がかかる割には、自分の中に何も残さない。
そうではなくて、本の中にある、自分のために語っていると思える言葉を一つでも多く見つけ出す能動的な読書のほうが、よほど多くのものを学ぶことが出来る気がする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告