中身がなければ、何も伝えられない

06300.JPG
国際的にコミュニケーションをおこなうために必要なものは英語力ではない、と自分は思う。
伝える中身さえ自分の中にしっかりとあれば、後は伝える意思があればコミュニケーションはきちんと取れる。
その逆に、伝える中身が自分の中になければ、いかに語学に堪能であってもコミュニケーションを取ることは不可能だ。
当たり前のことだけれども、日本語で表現出来ないことは、英語でも表現出来ない。
国語を勉強する時間を減らして英語を勉強すると、日本語も英語も中途半端な状態になって、思考や表現力そのものが低い水準で止まってしまう。
だから、英語を勉強する前に、もっと日本語を使って考えることを大事にしないといけないのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告