ULTRA BLUE

ULTRA BLUE
ULTRA BLUE
宇多田ヒカルの最新アルバム。
宇多田ヒカルの曲は、基本的に物悲しい。明るくアップテンポな曲もたくさんあるけれども、そういう曲も含めて、総じてどこかしら歌詞に「もののあわれ」の雰囲気が漂っている。
宇多田ヒカルの歌の中には、音を伸ばす時に、半音までもいかないような微妙な音程の変化が入ることがよくあり、その揺れがたまらなく良い。
言葉の発声のタイミングが、「ここで来るかな」と思う場所よりもほんのちょっとだけズレるような所がたくさんある。天才的だと思う。
テレビに出演した時の彼女の様子を見て、会話を聞いていると、どこか他の人とのテンポや感覚のズレと違和感を感じる。
でも、それを見るにつけ、「やっぱり本当のアーティストなんだなあ」と思ってしまう。
今回のアルバムで好きな曲
「Making Love」
「日曜の朝」
「Keep Tryin’」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告