藤野にある「百笑の台所」は隅々まで遊びごころがいっぱいの店だった

今日は湘南バイパス、圏央道を通って、神奈川県の北西部にある藤野へ行く。
DSC08009

ぎりぎり山梨県との境のあたりで、密度のある山に囲まれている。
DSC08015

かんちゃんからとても良い店と教えてもらっていた「百笑の台所」に立ち寄る。
DSC08063

店の外にはバーベキュー場やテニスコートがあり、宿泊が出来るキャンピングカーまであった。
DSC08064

店の入口には、自然食品や調味料などがたくさん並んでいる。
DSC08065

メニューは主に韓国料理。
DSC08106

今日は平日メニューだったので、サムゲタンとピジチゲ(おからのチゲ)の2種類のみ。
DSC08107

本棚にはいろいろな本が並んでいて、とくに時代小説が多かった。
DSC08070

司馬遼太郎の本はほぼコンプリートしているような勢いでたくさん置いてある。
DSC08069

マンガの本棚もあり、こちらも名作揃い。
DSC08072

セルフサービスになっていて、出来上がった料理や水を運んだり、片付けたりは自分で。
DSC08079

カウンターは、正面の山が一望出来る眺めのいい席。
DSC08080

サムゲタン。ご飯は酵素玄米。
石鍋がグツグツと煮立っていた。
高麗人参など入った薬膳料理で、身体によさそう。
DSC08083

豆腐ではなくおからが入った、ピジチゲ。
野菜はこちらの畑で作った無農薬のもの、とのこと。
DSC08084

店の奥には立派な音響設備やピアノがそろったステージもあり。
良い空間になるようにと、あちこちに工夫が凝らされた感じがするお店だった。
子どもたちは、店の端から端まで、探検しながら楽しそうに走り回っていた。
DSC08096

食べログ「百笑の台所」

近くには、「藤野アートヴィレッジ」もある。
けれど週末のみオープンの店が多く、この日は平日だったので、ほとんどの店が閉まっていた。
DSC08031

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告