裁判という枠組みが真実追求の場ではなく壮大な茶番なのだと法曹関係者ほどよく知っている。映画『三度目の殺人』


是枝監督の映画という時点で、経験則的に98%以上の確率で面白いだろうと思い、期待をして見始めた。
やはり、間違いなかった。
(以下、ネタバレを含みますので、気になる方は映画を観てからお読みください)

裁判制度そのものの矛盾や問題点を考えさせられる。
人が手に掴んだ小鳥の命を自由に出来るように、裁判官は人の命の生殺与奪の権利を持っている。
しかし、人は人を裁くことが出来るのか?

三隅(役所広司)のキャラクターがいい。
重盛(福山雅治)は三隅について「器のようだ」と言った。
相手によって自分の役割を自在に変えて、どんな形にでもなってしまう。
「言うことがコロコロ変わる」と摂津(吉田鋼太郎)からは顰蹙をかっていたけれども、そんな評価を気にするような彼ではない。
この、固定観念からの自由さは、人間よりも妖精のような存在に近いんじゃないかと思う。

結末はわざと断定を避けて謎を残しているものの、法廷ミステリーに属する映画ではない。
真実の解釈は観た人にゆだねるような形ではあるけれど、推測出来る結論は一つだけに絞れると思う。

裁判という枠組みそのものが、真実追求の場ではなく茶番なのだということを、法曹関係者ほどよく知っている。
裁判官と、検察と、弁護士とは、真剣に取り組む相手ではなく、同じ舞台の上に立つ役者同士のようなものだ。
その意味では、そこで裁かれる人間だけが、その舞台の部外者になっている。

タイトルの「三度目の殺人」の意味について。
三隅が人を殺しているのは、二度だけだ。
では、三度目の被害者は誰なのか?
示しているのは、現行の裁判制度によって死刑を宣告された三隅なのだと思う。
しかし、そのことに三隅はおそらく、まったく後悔も恨みもなさそうなことが唯一の救いだ。

名言

「恨んで殺したほうが、お金目当てより罪が軽くなるんですか?」
「金目的だと、重くなるわけ。要は身勝手だってことで。」
「同じ、殺してるのに?」
「怨恨の場合は、殺意を抱くやむを得ない事情があった、って考えるわけ。」
「でもそれで罪の重さが変わっちゃったら・・法律ってなんか不思議ですねえ。」

「いいか、殺す奴と凝らさない奴の間には深ーい溝があるんだ。それを超えられるかどうかは、生まれた時に決まっている。」
「ずいぶん傲慢な言い方ですね。」
「更生するとか、信じていないんだ。そう簡単に変われるなんて考えるほうがよっぽど傲慢だよ。」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告