マスコミがてのひらを返す前に

今、スピリチュアルブームの追い風に乗って、「オーラの泉」がゴールデンタイムに大きく放映されているけれども、状態としてはかなり特異なことなのだろうと思う。
深夜にひっそりと放映されるなら、社会への影響力もまだ小さく済むけれども、ゴールデンタイムに、大衆が同時に見るとなると、影響力はかなりの大きさになる。
スピチュアル・カウンセリングというマニアックな分野をテレビ局が容認して、看板番組にしているというのは尋常ではない事態で、いずれは、その反動が必ず来るのだろうと思う。
マスコミは、いっとき「時の人」として大きく持ち上げては、その直後に、てのひらを返したように一斉にバッシングをするのが常だ。
ホリエモンが、逮捕をきっかけとして、すべてのマスコミから一斉に叩かれるようになったのと同じように、江原さんも、何か一つの出来事をきっかけとして、あっという間に批判の対象となるような気がしてならない。
個人的には、そのようなかわいそうなことになってほしくはないから、一区切りついたところでテレビなどに出るのはやめて、ひっそりと、マスコミから遠く離れたところで静かに暮らしてほしいと思っている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告