ミッション・インポッシブル3

mi3.jpg
ミッション・インポッシブル3

シリーズの3作目の今作は、前の2作よりもダントツに面白い。
物語の構成において、今までと大きく違うのは、イーサン・ハント(トム・クルーズ)による「個人戦」から、チームによる「団体戦」へと変化したことだ。もちろん、イーサンの個人技がダントツで突出しているのだけれど、それをサポートしているチームのメンバーも、それぞれに優れた特殊技能を活かして、見事に作戦に寄与している。
舞台を、ベルリン、ヴァチカン、上海と移していきながら、それぞれの街の特徴に合った作戦の立て方をしていくところが、いかにもプロフェッショナルの技で良い。3つの都それぞれの街の魅力を充分に表現した、映像の美しさも素晴らしい。
ミッションインポッシブル2がびっくりするぐらい面白くなかったのは、ジョン・ウー監督風のアクの強いアクション演出が、全然作品の雰囲気に合わず、かなり白けたためだったのだけれど、今作は見事に「ミッション・インポッシブル」独特の空気にマッチした仕上がりになっていると思う。
スパイ活動のための小道具や、車にも「おおっ!」と思わせるものがあり、そのあたりのこだわりも素晴らしい。世界のあちこちに舞台を移しながらも、どこにいてもまるで自分の庭のように当たり前な自然さで行動するところが、「ミッション・インポッシブル」の大きな魅力なのだ。一つの物語の中に見所がいくつもある、とても密度の濃い作品だった。
「M:i:III」(2007年)
出演:トム・クルーズ
監督:J.J.エイブラムス

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告