モンブラン

この世で一番好きなケーキは、モンブランだ。
自由が丘はモンブラン誕生の地と言われていて、その点でも、このケーキにはとても愛着がある。
一番好きじゃない菓子はマカロン。メレンゲが好きじゃない。
そういうわけで、一番好きじゃないケーキは、底の部分がメレンゲになっているモンブランだ。期待していたモンブランにメレンゲが入っていた場合、かわいさあまって憎さ百倍ということになる。
モンブランの条件は、栗がケーキの上に乗っているかどうかということではない。
良いモンブランには、メレンゲが入っていないことはもちろん、生クリームがやたらと入っているということもない。
栗のペーストが、ケーキの中にもちゃんと入っているのが正しいモンブランだ(※私見です)。
写真は、パークサイドダイナーのモンブランの断面図。
monb.jpg
ケーキの中に、2層にわたって栗のペーストが入っている。
これぞ正統的モンブランと言いたい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告