携帯の法人契約

ドコモの携帯電話は、今まで、個人契約ではなく法人契約にしていたのだけれど、DCMXのような新しいサービスを申し込もうとする時、法人契約だとたいてい、利用出来なかったり、やたらと手続きが面倒なことになる。
ネット上での利用料金照会など、法人契約では対応していないサービスが多く、不便が多いので、個人契約に変更することにした。
法人契約の場合、ドコモの窓口で手続きをする時には、本人確認に「会社の登記簿謄本または印鑑証明書」と「名刺」と「来店者の本人確認書類(免許証など)」を提示する必要がある。これがまず面倒だ。
登記簿謄本か印鑑証明書を常に持ち歩くことにしたとしても、3ヶ月以内に発行したものでないといけないという規約があるので、たいがいその期限は切れている。そのたびに、法務局まで登記簿を取りにいかないといけない。
会社の登記簿謄本は関係者じゃなくても誰でも入手出来るし、名刺だってすぐに作れてしまうので、これだけの書類で本人確認になるというのは結構スゴい。本人確認が取れれば、パスワードの変更や、サービスの申込・解約など何でも出来てしまう。自分が青木雄二だったら、これをネタに一つ話しを書くところだろうと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告