点から面へ

普段、バスを使うことはないし、仕事で移動する時などは、時間が予測出来ないバスは出来る限り避けようとするのだけれど、時間が空いた時にはたまにバスに乗りたくなることがある。
長いこと横浜と東京に住んでいても、「点」としてしか知らない街がいくつもある。電車でその街の中にいつの間にか到着してしまうので、その街がどういう場所にあるのか、頭の中でまったくイメージ出来ない街。
バスでの移動で見える景色は、「点」と「点」をつなぐ隙間を埋めてくれる。それによって、街の姿が平面的に自分のイメージの中ではっきりと把握出来るようになるし、今までまったく知らなかった街の貌を知ることもある。そういう経験が積み重なって、ようやく、一つの街を正しく理解出来るようになってくるのだと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告