駒場の桜

 
ミサイルが日本に飛んできているかもしれない瞬間、そんなこととはまったく無縁に咲き誇る桜と、それを愛でる人々の姿が駒場にあった。
桜の花というのは、やはり、他の花にはない何か特別な存在感があると思う。
赤ん坊と同じくらい、強引に人の視線をもっていく。
駒場には、芝生の広場一面に桜が集まった、とても素晴らしい公園があった。
駒場が桜の名所という印象はなかったのだけれど、そのぐらいの知名度であるほうが、混みすぎず丁度いいのかもしれない。ぎゅうぎゅうで場所取りが困難ということもないし、度を越した酔客もいない。こういう場所の花見はいい。
 
近所の家の庭にあった、紅白の花。
この二本の木を並べて植えるというのは、最高のセンスだと思う。
本日のBGM
TM NETWORK「イパネマ’84」
 STAY 今 海の向こう側で
 ミサイルが飛んでも
 No 聞かないで時間なんか
 知らないさ Say No More
「本日のBGM」フォーマット参考:Solitaire’s DiaryBBS

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告