A Quiver Full of Arrows


A Quiver Full of Arrows(JeffreyArcher/St Martins Mass Market Paper)

短い作品を集めた、短編集。
ジェフリー・アーチャーの物語には、どれも、独特のおかしみがある。
単純な予定調和で終わらせずに、一ひねり半の諧謔を加えて、読み終わった後に何ともいいがたい余韻を残す。
そのセンスが、短編では、より一層洗練されている。
短くシンプルな話しでありながら、そこにあっと驚くような価値観の転換をみせて、長編に匹敵するようなカタルシスを持たせるという、芸術的な冴えがある。
わかりやすいオチがない話しもいくつかあるのだけれど、それが、またいい。
伝えたい本質そのものをズバリとは言わずに、状況描写と行間から想像させて、その意図しているところを感じさせる、俳句のような味わいがある。
■特に好きだった短編
・The Hungarian Professor
・Henry’s Hiccup
・The Luncheon
【名言】
Manuel Rodrigues paused to ingest the fact that the man he had viewed as his most dangerous enemy for over thirty years was now listning to his own inside information.(p.66)
Septimus decided to ignore the creature, and picking up the packet of Benson & Hedges on the armrest by his side, lit one and began to read the Evening Standard.(p.128)
“I want to be a writer.”
“Then travel, travel, travel,” he said. “You cannot hope to learn everything from books. You must see the world for yourself if you ever hope to paint picture for others.”(p.200)
“Have you known him long?”
Philippa smiled. “No, we met for the first time yesterday.”(p.213)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告