一覧

NO IMAGE

単純な脳、複雑な「私」

単純な脳、複雑な「私」(池谷裕二/朝日出版社) とても面白い本だった。 脳科学の最先端の、おそらく本来はずっと込み入った話しだっただろう...

NO IMAGE

有限と微小のパン

有限と微小のパン(森博嗣/講談社) シリーズ第一作目の「すべてがFになる」と対応する構造になっている、この、シリーズ最終作は、副題も、「...

NO IMAGE

数奇にして模型

数奇にして模型(森博嗣/講談社) 純粋なトリックというよりも、犯人の精神異常という形で収束させた点は、ちょっと納得はいかなかったけれど、...

NO IMAGE

今はもうない

今はもうない(森博嗣/講談社) これは、見事に騙された。 種明かしがわかった時には、思わず吹き出してしまったほどの、会心のトリックだった...

NO IMAGE

夏のレプリカ

夏のレプリカ(森博嗣/講談社) 「幻惑の死と使途」と同時期に起こった事件ということで、同時並行的に進む形をとっている作品。その構成は面白...

NO IMAGE

幻惑の死と使途

幻惑の死と使途(森博嗣/講談社) この小説の大きなテーマになっているのは、唯名論ともいうべき、「名前」「名詞」に関する考察だ。そのテーマ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告