水晶堂

らくらくホン

time 2008/04/16

今まで使っていたN904iという携帯がいかに気に入らないかということを、前に書いた
それから10ヶ月間耐え忍んできたけれども、海外に行く時にGSM規格に対応した通話機能がないのは不便ということもあり、機種変更をすることにした。
何よりも重要なことは、閉じた状態で背面ディスプレイの時計が常に表示されること(時計代わりに使うので)。それと、GSM対応のWORLD WING(海外通話)機能がついていることと、iモードのハイスピード通信に対応していること。
この3つが満たされていれば、その他には特に希望はない。
一つだけ、その条件を満たす機種があった。
今週月曜日に発売された、「らくらくホン」の新機種だった。
「らくらくホン」といえば、高齢者向けに、操作をシンプルにして最低限の機能にしぼった機種だと思っていたけれど、一つだけ、やたらと高性能な「らくらくホン プレミアム」という機種がある。
GSM対応の海外通話がついていて、ハイスピード対応で、ワンセグもGPSもついている。
それでいて、背面ディスプレイは一世代前のSTN液晶。
しかも、自分がまったく使わない、音楽関連の機能は徹底的に排除されている。
(完璧だ・・!)
この、「らくらくホン」というのは、誰でも使えるようにというコンセプトが第一優先にされていることもあり、とてもよくユーザビリティが考えられている。
高齢者向きというだけではなく、初めて使った人でも直感的にわかりやすく、ユニバーサルデザインの見本のような携帯だと思う。
ここまで素晴らしくセンスがいい携帯を開発した人に、感謝したい。
■らくらくホン プレミアム
rakuraku.jpg
www.nttdocomo.co.jp/product/easy_phone/premium/

sponsored link

プロフィール

清水 宣晶

清水 宣晶

スケジュール調整サービス「伝助」代表。
インタビューサイトの聞き手として、知人や、縁があってお会いした人たちに聞いたお話しを文章にまとめることをライフワークにしています。
[詳細]



sponsored link

カテゴリー

アーカイブ