Movable Typeのログ・フィードを利用した指定日投稿

Movable Typeには、決まった日時を過ぎたら自動的に記事の投稿がされる「指定日投稿」の機能がある。
この機能を使うためには、指定日投稿の記事があるかどうかをMovable Typeが定期的に確認するよう、cronによって「tools/run-periodic-tasks」が定期的に実行されるように、サーバ上で設定をおこなう必要がある。
レンタルサーバの中には、cronの設定が出来ないサービスも数多くあり、そのような場合、JavaScriptやajaxを利用した特殊な方法を使わないと指定日投稿は実行が出来なかった。
しかし、Movable Type3.3以降は、ログ・フィードを読み込むタイミングでも、指定日投稿のチェックがおこなわれるようになったので、cronを設定しなくとも指定日投稿が出来てしまう。
logfeed.gif
ログ・フィードを読み込むには、ログ・フィードリンクのURLをコピーして、Atomフィードに対応したRSSリーダーに登録するだけでいい。
そのRSSリーダー自体が起動していないと自動実行はされないので、完全に自動化されているというわけではないけれども、だいたい常時稼動しているようなパソコンにRSSリーダーを入れて設定してやれば、自動実行に近い形になる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告