子供にレゴをプレゼントするときには是非ともセットで渡したい『レゴ60134 レゴシティの人たち』

数多くあるレゴシリーズの中で、私がとくにおすすめをしたいレゴパッケージがあります。
それが、『レゴシティの人たち』(型番:60134)です。
legocity02

レゴの基本セットだけでは物足りない

長男の5歳の誕生日に、「レゴクラシック」という、レゴの基本セット詰め合わせをプレゼントしました。
レゴクラシックには、入っているパーツの数によっていくつか種類があり、その時に選んだ「黄色のアイデアボックス」は、パーツが790個とそこそこの数含まれていて、なにより、車を作るための車輪などのパーツがセットになっているというところが大きな決め手でした。

このセットを使って、家や車を作ることができて、基本的なパーツとしてはこれで成立してはいるのですが、何か物足りないところがありました。
人間のフィギュア(ミニフィグ)がないのです

家を作っても、車を作っても、それだけだとどうも味気ない感じがあり、家に住む人や、車に乗る人がいれば、作った作品がグッと華やかになるに違いないと思いました。

レゴには、ミニフィグだけの詰め合わせセットがあるだろうと思っていたのですが、意外なことにそういうセットはありませんでした。
調べるうち、それに近いものとして、レゴシティーシリーズの中に『レゴシティの人たち』という、ミニフィグがメインのパッケージがあることを知りました。

登場人物の多様性が最高(とくに赤ちゃん)

「公園で遊んでいる人々」といったシチュエーションのようで、中には総勢15名の人物が入っているのですが、このセットの素晴らしいところは、登場人物たちの年齢や性別や職業が様々で、とてもダイバシティーに富んでいることです。
legocity01
ざっと登場人物の説明をすると、

・移動販売車でホットドッグを売っているおじさん
・バス停でバスを待つキャリアウーマン
・ヘルメットをかぶって自転車に乗っている男性
・ニット帽をかぶって車椅子に乗っているお兄さん
・公園の遊具で遊んでいる男の子
・オーバーオールを着て柵にペンキを塗っている女性
・ベンチに座っている老夫婦
・サッカーをする男の子と女の子
・バーベキューをする夫婦と、ベビーカーに乗った赤ちゃん
・芝刈りをするお姉さん

といった感じで、この多様性、すごくないですか!?

その中で特筆すべきは、なんといっても、「赤ちゃんがいること」です。
この、ベビーカーに乗っている赤ちゃんが、めっちゃくちゃかわいいんです。
legocity05
このとっても貴重な赤ちゃん、ものすごく小さいため、無くしてしまう危険性も大きいので、大事に守っていきたいと思います。

フィギュアの他にも、クロワッサンや、サッカーボール、哺乳瓶といった小物もたくさん入っていて、このセット一つで、かなりレゴの世界が広がりそうな予感があります。

現在は販売終了。でもまだ買える!

ただ、ひとつ残念なお知らせがありまして、このレゴシティーは販売終了品で、現在は生産されていないようなのです。
販売開始日は2016年7月とのことですが、なぜこんな素敵なセットが販売終了になってしまったのか謎。

ですが、メルカリやヤフオクやamazonにはまだ在庫があります。販売されていた当時の価格は5,000円弱くらいだったようなので、それよりもいくぶん割高な値段設定にはなっていますが、それでも、まだ買うことができるということを喜びたいと思います。

ちなみに私は、メルカリで出品されていた新品の未開封品を6,700円で買いました。
legocity04

フィギュア単体での販売もニーズはあると思うんですが、単体では売っていないんですね。
赤ちゃんのフィギュアだけでも別売で売ってくれれば、絶対に人気が出ると思うのですが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告