iPhoneのバッテリーを節電

iPhoneの電源を入れていると、あっという間にバッテリーがなくなる。
一晩充電しないと、だいたい次の日のうちに電池切れになる燃費の悪さなので、PDAとして使うには結構シビアだ。
ずーしみが、画期的な技を教えてくれた。
設定で「機内モード」をオンにすると、バッテリーの持続時間がものすごく延びる。
DSCF4001.JPG
電波の送受信が、相当電池を喰うらしい。携帯電話として使っていない場合は、使用上これで問題ないし、無線LANに接続する時だけ、機内モードを再びオフにすればいい。
これは、本当にバッテリーの減りが全然違うので、iPhoneを携帯電話として使っていない人にはかなりおススメ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告