矢沢永吉と糸井重里の対談「ヤオモテ、OK」

少し前だけれど、イトイ新聞の、矢沢永吉との対談。
http://www.1101.com/yaomote/2009-08-21.html
これは良かった。響く言葉がいっぱいあった。
hobonichi_yazawa

わからないけど、押し出されちゃうのよ。
自分が自分を押したのか、まわりがやったのか、
神様がやったのか、知らないけど、とにかく
「え? なに、なに? ウソだろ?
 オレがやんなきゃいけないのかい?」
っていうときが来るんだ。(矢沢)(第4回)

「永ちゃんの役って、それ、ちょっと、
 大変じゃありません?」
って思うけど、しょうがないよ。(矢沢)(第5回)

よくあるケースでいうと、
「望まれてることが、ぼくはうれしいです」
っていう形を取るんだよね。
みんな若いときはそういう時代があるんだけど、
最近は、ちょっと過剰だよね。
そういうかんばり方じゃないところに、
ほんとうのキミはいるんだよ。ほんとはね。(糸井)(第9回)

「ここ、オレいないじゃん」って思ったのよ。
当たり前なんだけどね。
だって、オレがここでベッドを見てるんだから、
そのベッドにオレがいるわけがない。
でも、「オレがいない」って感じて、
その瞬間、
「あ、オレがいなくなるって、
 こういうことか」ってわかったんだ。
で、涙が出てきちゃった(笑)。
「ああ、さみしい」と思って。(糸井)(第11回)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告