ストックしないことが重要

本は、買ったその日のうちに読み終えて、感想を書くところまで終わらせる、というのがベストだ。
買った直後が、一番その本を読みたいというモチベーションが高い時だし、読み終わった直後が、一番その内容が鮮明に頭の中に残っているからだ。
本屋に行くと、買いたい本がたくさん目について、まとめ買いをしたくなる時がある。
ここで、選択は2通りに分かれる。
1)その日のうちに読みきることはあきらめて、買いたい本をすべて買う
2)すべての本を買うことはあきらめて、その日のうちに読みきれる分だけを買う
今まで、「買いたいと思った本が、次に来た時になくなってしまっている」というリスクを回避するために、1)の方法を採用して、買いたいと思った本はすべて買うことにしていた。
でも、本を買った後に放置をして、読むまでに時間が空いてしまうと、買った直後と比べてモチベーションは格段に下がってしまう。
だから今は、その日に読みきれない量を買うことは抑えて、2)の方法をとって、一番読みたいと思う本から順に、読みきれる分だけを買う、ということにしている。
なんでこう思うようになったかというと、あらゆることは、ストックの状態ではなく、フローの状態にしておくことが理想だと思ったからだ。
水は、貯めておくと腐る。でも、少しずつでも流れ続けている水は腐ることがない。常に循環させることが重要なのだ。
その日にインプットしたものは、その日のうちにアウトプットまで完結させる。そして、それを毎日積み重ねる、というのがいい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告