日本一の人の苦楽

head_mag.gif
まぐまぐで日本一の発行部数を誇るメルマガ「平成進化論」を発行している鮒谷さんの話しを聞いた。
「私のメルマガは日記形式ですから、毎日その場で書かないといけないので、記事をストックしておけないんです。
だから、私が倒れたら終わりなんで、ものすごい健康に気をつけて節制してますよ。疲れたらムリしないで長めに寝るようにしてますし、交通事故とかにも遭わないように気をつけてます。
周りの人からは、それって社長のやる仕事じゃないよね、なんだか効率悪い肉体労働だよね、と言われます。
でも、私はそんなことまったく気にしてないんです。私は、メルマガを発行し続けることで、数え切れないほどの恩恵を受けてますから」
自分も、ほんの半年ほどの間だったけれど、毎日メルマガを出すと決めて発信していたことがあったから、鮒谷さんの思いはよくわかる。
文章を書くというのは、一見、効率の悪い、労働集約的な作業なのだけれど、それを継続して習慣化した場合には、それを補ってあまりあるメリットがある。
色々な物事への関心が深くなるし、考えを先まで進めることに慣れることで、同じことからでも吸収出来る量が格段に多くなってくる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告