真剣に訊く

「あなたの夢は何ですか?」というのは、聞きやすく、答えにくい質問だ。
同じように、「(この前行ってきた)旅行はどうだった?」「仕事って何だと思う?」「最近どう?」というような、漠然とした質問はすべて、聞き手よりも、答え手に負荷をかける問いだ。
質問がもっと具体的であれば答えやすくなるところを、質問を具体的にするという作業から相手にゆだねてしまっている。
自分が人にものを尋ねるのに、自分が楽をして、相手に負荷をかけるというのはとても失礼な態度だ。抽象的な質問をするからには、少なくとも、聞き手は自分なりの見識なり回答を持っていることが最低条件だ。
聞き手がはっきりとした意見を持ってないことについて人に質問するというのは、自分の頭で考えずに丸投げしてるのと同じで、怠慢な態度だと思う。
真剣に何かを相手に尋ねたいのであれば、自分もそれなりの対価を払う必要がある。それはつまり、相手が考える以上の量を自分も考えた上で問いを発するということだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告