水晶堂

サイレン2

time 2007/11/01

SIREN2
サイレン2(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

どんなにいいと薦められても、ほとんど見ない映画のジャンルがある。
「ホラー」と言われている映画は、ひたすら避けて通ってきて、テレビでやっているのを間違って目にした時には、あわててチャンネルを変えるようにしてきた。
ゲームも、怖いものはやらない。小学生の時、「ポートピア連続殺人事件」というゲームがあって、面白かったのだけど、一人ではとても出来なかったので、必ず友達がいるところで、昼間にだけやることにしていた。「バイオハザード」は、やってみて数十分で「もう無理だ」と思って、買ったその日のうちに売ってしまった。
プレイステーション2で「SIREN(サイレン)2」という作品がある。これは、スゴいゲームだった。
島の中にある、孤立した小さな村が舞台で、村人達は闇人と呼ばれるゾンビになってしまっている。各章ごとに異なった、様々な人物の視点から物語を体験しながら、村で起こった事件の謎を解くことが目的になっている。
その中で、廃墟となった団地の中を、夜中に懐中電灯を照らしながら進むシーンがあるのだけれど、「どうやったらここまで怖いモノが作れるんだ」と思うぐらいコワかった。
ただ、ゲームとしてはハンパなく面白い。シーンごとに新たな課題や操作が加わっていって、飽きさせずに引き込むような構成がしっかりと出来上がっている。謎解きやアクションの難易度もバランスよく、細部まで作りこまれた良作だと思った。
「怖い!でも面白い!でも怖い!」という繰り返しで、自分をだましだまし先に進めていったけれど、途中でやはり「もう無理だ」と思って、売ってしまった。

sponsored link

プロフィール

清水 宣晶

清水 宣晶

スケジュール調整サービス「伝助」代表。
インタビューサイトの聞き手として、知人や、縁があってお会いした人たちに聞いたお話しを文章にまとめることをライフワークにしています。
[詳細]



sponsored link

カテゴリー

アーカイブ