Nocturnes


Nocturnes(Kazuo Ishiguro/Faber and Faber)

どれも、一晩、あるいは数日くらいの短い出来事を描いた短編ばかりだけれども、人生の中にこういう時間がわずかでもあればとてもいい、と思うような、印象深いシーンや、彩りが加わる瞬間をうまく切り取っている話しばかりだった。
特に好きだったのは、「CELLISTS」と「NOCTURNE」と「CROONER」。
5本の短編は、舞台になっている場所やシチュエーションはまったくバラバラだけれど、共通しているのは、音楽が重要な主題になっていて、音楽に縁の深い職業の人物が必ず登場しているというところだ。
そして、「夜」や「夕暮れ」を思わせる、ほの暗い翳がある場面や登場人物が基調になっていて、全体的に落ち着いたトーンで、淡々と哀しみや寂しさが伝わってくるような話しが多い。
ドラチックな波乱万丈や、わかりやすいオチがあるわけではないけれど、読み終わった後に、ゆっくりとその味がわかるような、古き良き日本映画のような趣のある小説だと思った。
【名言】
She’d looked at me before, but this time it was different. This time I could feel her charm. It was like she had this dial, going zero to ten, and with me, at that moment, she’d decided to turn it to six or seven, but I could feel it really strong, and if she’d asked some favour of me – if say she’d asked me to go across the square and buy her some flowers – I’d have done it happily.「CROONER」(p.10)
‘Look, sweetie, listen. I hope your wife comes back. I really do. But if she doesn’t, well, you’ve just got to start getting some perspective. She might be a great person, but life’s so much bigger than just loving someone. You got to get out there, Steve. Someone like you, you don’t belong with public.’「NOCTURNE」(p.182)
‘No…’ He shook his head with what he hoped looked like nonchalance, ‘No. I think it works well, what we’ve always done. You suggest verbally, then I play. That way, it’s not like I copy, copy, copy. Your words open windows for me. If you played yourself, the windows would not open. I’d only copy.’「CELLISTS」(p.208)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告