シュラスケリア

 
シュラスコの専門店であるという意味であるらしい「シュラスケリア」。
地元の人が集まっている感じの店で、注文をしようにも英語がまったく通じないので、隣りのテーブルの肉を指差すと、伝票に「1」とだけ書いて置いていった。
 
その後は、ひっきりなしに、焼きあがったばかりの肉を串にさして持ったシュラスケストがテーブルにやってきて「喰うか?」と聞いてくる。
聞きながら、すでに肉にナイフを入れ始めているので、要らない場合、すぐに「ノー」と言って首を振らないと、勝手に肉を置いていってしまう。
一応、肉の名前を言ってくれているのだけれど、何と言っているのかわからないので、何のどこの部分なのかさっぱりわからない闇鍋のような状態で、10種類以上の肉がふるまわれる。
見た目のイメージと、食べた感じが結構ギャップがあって、予想外に固かったり塩辛かったり、旨かったりする。
 
肉はいくらでも食べ放題で、付け合わせの野菜や炭水化物も、バイキング形式で取り放題になっている。とても良かったのがパスタで、ガーリック風味のペペロンチーノが固ゆでになっていて、想像をはるかに越えて旨かった。
■Churrasacaria Tropicana
Av. Juscelino Kubitcheck 228 (Foz do Iguacu)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告