時間の密度の分岐点

jikan.gif
「重要で、しかも緊急なこと」は誰でもまっ先にやる。
その次には、「重要ではないけれども緊急なこと」にとりかかることになる。
ここまではまあ、緊急なのだから、仕方のないことだと思う。
問題は、緊急なことがひととおり片付いていて、時間に余裕が出来た時だ。
そんな時にこそ「緊急ではないけれども重要なこと」に取り組まなければいけないのだけれども、気晴らしに「緊急でも重要でもないこと」をやってしまったりする。
時間がある時、自分にとって重要なことに取り組む習慣が出来ているかどうかが、時間の密度を決定づける分岐点なのだと思う。
その積み重ねが、長い年月のうちに、きっと大きな大きな違いになるのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告