水晶堂

チーム・バチスタの栄光

time 2007/12/22

チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光(海堂尊/宝島社)

名前からして、サッカーか何かの話しと勘違いしていたのだけれど、「バチスタ」というのは心臓外科手術の名称で、意外にも医療ミステリーの話しだった。
章分けは、「ネガ」「ポジ」「ホログラフ」に分かれていて、その名の通り、ネガとポジでは話しの性質も雰囲気もまったく異なってくる。ネガとポジが両方合わさり、補完しあって、一つの物語が完成するのだ。謎解きで読ませるというよりも、この、構成の見事さで成立しているミステリーといっていい。
文庫版は上下巻の2巻セットになっていて、その、上巻と下巻の分かれ方のセンスが素晴らしい。何故こんな中途半端なところで分けるのか?と最初は思ったけれど、後から考えると、この分け方がベストなのだ。
これがデビュー作にもかかわらず、次回作への伏線と思われる部分も含まれていて、最初から主人公の個性的なキャラクターで続編を作るつもりでいたのだろうと思う。あまり感情移入出来るキャラクターではないけれど、シリーズ化はしやすい設定だと思った。

sponsored link

プロフィール

清水 宣晶

清水 宣晶

スケジュール調整サービス「伝助」代表。
インタビューサイトの聞き手として、知人や、縁があってお会いした人たちに聞いたお話しを文章にまとめることをライフワークにしています。
[詳細]



sponsored link

カテゴリー

アーカイブ