超・殺人事件


超・殺人事件―推理作家の苦悩(東野圭吾/新潮社)

小説家は、書くネタが浮かばないことをすらネタにして小説を書くという。
推理作家である自分自身ついて、推理作家が書く。そういう、メタ小説的な構成からなる殺人事件の話しを集めてまとめられた短編集。この自虐的なユーモアは、筒井康隆氏の作風に似たものがある。
いずれの短編も、ショートショートと言っていいような短さで、その中にあっても、一種の推理小説としてのどんでん返しがきちんと用意されている。
出版界への風刺も含んだ「超読書機械殺人事件」は、特に面白かった。
東野圭吾という作家の、こういうものを書いてすら作品として成立させてしまう多才さには、これで何度目かわからないくらい驚かされた。彼にとっては余技に過ぎないのだろうけれど、たとえどんなお題を与えられてもまとめあげてしまう構成力というのは、やはりプロの技だと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告