The Call of the Wild


The Call of the Wild(JackLondon/Aladdin Paperbacks)

犬が主人公で、犬からの視点で語られるという、ちょっとファンタジックな物語。
フィクションということで、多少割り引いて考えるべきところはあるけれど、川で溺れそうな主人を助けたり、犬でありながら野生の狼を従えたり、色々と絵的にカッコいい場面が多い。
犬の中にもそれぞれ性格があって、主人公のBuckなどは、とても頭がいいので、読んでいてほとんど人間と同じように思えてくる。むしろ、登場する人間にタチの悪い輩が多いので、こりゃ人間より犬のほうががずっとマシだわ、という気にさえなる。
野生の中で、様々な経験を重ねるに従って、着実に、判断力と体力を身につけていくところは、読んでいてとても面白かった。この、闘いあり、成長あり、友情ありの、ジャンプ的黄金パターンの展開はやはり良い。
【名言】
He saw that he had no chance against a man with a club. He had learned the lesson, and in all his later life he never forgot it.(p.11)
Buck had made up his mind not to get up. He no longer felt anything, through he could hear the club striking his body. But it was no longer his body, it seemed so far away.(p.72)
He never gave an enemy a second chance. In the primitive life, giving a second chance was understood as a sign of weakness and fear. Kill or be killed, eat or be eaten, was the law.(p.80)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告