グランド・フィナーレ(阿部和重)


グランド・フィナーレ(阿部和重/講談社)

いったい何なんだろう、この作品は。
何かある、何かある、という期待は、読みながらどんどん高まっていった。
その意味で、先へ先へと引っ張る力はものすごくある作品だと思う。
けれど、読み終わってみると、この肩すかしをくらったような突然の幕切れは何なんだ?という感じだった。
書き出したいと思う名言は、この本の中には見つからなかった。ハラハラするようなエンターテイメント性も感じなければ、圧倒的な読後感というようなカタルシスも感じない。
まったく何もひっかかる所がないっていうのは変だろう、と思って内容を振り返って考えてみたけれど、やっぱり意味がわからなかった。また、時が経った時に読み返してみたら、一回目には気づかなかったことに気づくこともあるんだろうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告