3月のライオン 3巻


3月のライオン 3巻(羽海野チカ/白泉社)

いいなあ。
ここまでの寂しさや苦悩を抱えた主人公でありながら、それを相殺するように、それと同じくらいの暖かさや希望も含んでいるというのは、この、ほんわか系の絵柄の力だろうと思う。
将棋という孤独な勝負の世界と、それをとりまく人間的な現実世界を対比することで、その両方が際立つというのは、「あしたのジョー」を思い出させるものがあった。
まだまだ、これから長い話しになりそうな感じがする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告