悪球は見逃すに限る

DSCF1507.JPG
会話のやりとりをテニスのラリーに例えると、こちらが打ったボールを、的確にコートの中央の拾いやすい場所に返してくれる人がいる。
そういう人との会話は極上のコミュニケーションだ。
ボールの中には、悪意や嫌味を含んで、わざわざ変な場所に飛んでくるボールもある。そういう悪球は打ち返さないほうがいい。
ラインアウトしているボールをムリに拾いに行こうとするから、打ち返したボールも変な所に飛んで、おかしなことになる。
どんなボールでも打ち返すのが親切というわけではないし、良いコミュニケーションというわけでもない。見逃して、無視したほうがいいボールもある。コートにちゃんと入ってきたボールを見極めてきちんと打ち返すのが、ラリーを長続きさせるコツなのだと、オレは思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告