『ブチ抜く力』の面白かった箇所書き出し


私、与沢翼さんの発信する内容、とても好きなんです。

ネオヒルズ族と言われていた当時は、とくに関心を持っていなかったのですが、場所を海外に移してからの発信はすごく面白く読んでいます。
物事を本質から考えに考え抜いているということが伝わってくるのと、取り組む姿勢が真摯で、学ぶべき点がいろいろあると思っています。

与沢さんが久しぶりに書籍を出すということで、発売前から楽しみにしていたら、発売直後はどこの書店でも売り切れ。
Kindle版を買えばいいっていう話しですが、最近はなるべく紙の本で読むようにしていまして・・。
しばらくして増刷され、今は普通に書店に並ぶようになりました。

読みながら、とくに面白いと思った箇所を書き出しました。

面白いと思った箇所

もし採用する方法が、大半のプロの考え方や常識とは異なった場合であっても、あなたはその選択を実行する必要があります。あなたが他者と異なる道を行けば行くほど、あなたは特殊な存在となれるからです。(p.60)

率直に本音を言って、副業禁止規定があってもこっそりやるくらいの「したたかさ」がなければ、今後は生き残る事はできなくなります。私から言わせれば、収入源が会社の給与だけというのは既にゲームオーバーに近い状態です。(p.70)

崇高で壮大な目標を持たないのであれば、たった一人でビジネスを生み、個人でブチ抜いた存在を目指す方が、よっぽど成功確率は高く、失敗確率も低いと断言したいと思います。そして、私が目指す個人の道の先に崇高で壮大な世界がないとも言い切れないのです。(p.93)

他人から一目置かれる存在になるための方法として、私が最もお勧めしたいのが「誰もが想像しなかった結果を出す」というものです。
基準はごくごく単純です。周囲の人が驚くような”圧倒的斜め上”の結果であるかどうか。それだけです。(p.95)

私は、どんなビジネスであっても、まず始める時に後で後悔や制約が生じないよう、とことん考え抜きます。そして、予期される障害は最初に100%排除しておきます。
昔、テレビに出ていた頃は、いろんな芸能事務所から「所属しませんか」というオファーを受けましたが、自分が契約で縛られ、自由や拡張性が失われるのが嫌だったので全てお断りしました。
ここで多くの人は、「そもそも売れなければ意味がないから、大手の傘に入る意義はある」と考える事でしょう。
しかし私の考え方は違っていて、「売れたとしても制約と依存の下、強大なパワーを借りて売れたなら意味はない」と思っているのです。(p.106)

儲かる投資のチャンスは少なく、めったに訪れません。数年に一度かもしれない。それが当たり前です。
だから、もしもチャンスが来たと思ったら、それまでの準備を自信に変えて「たかがカネだ」と思って目いっぱい張って下さい。これは恋愛でも同じで、その相手のためにできる全ての事をやるつもりで、フルスイングで動く。失敗する事もあるけれど、本当に準備していれば、たいていは上手くいきます。チャンスが察知できるのは、日々準備していればこそです。勝負は、チャンスが訪れる前から既に始まっているのです。(p.125)

人間は先を見なくなった瞬間、現状に甘んじて、そこから得られる果実を食べ尽くし、どんどん衰退し、そのまま終わっていってしまいます。
周囲に流されて今だけを生きていると、明日の自分にとって楽な選択をするし、来月の自分にとって楽な選択をしてしまうもの。進歩しないならば、年を取る分、日々退化しているのと変わらないのです。(p.138)

今だけを考えるというのは、想像力に乏しいと言わざるを得ません。生きている限り、必ずあなたにも10年後がやってくるのです。であれば、その10年後を輝かせる事に意識をシフトすべきだと思います。
投資においても10年後にパーフェクトを目指し、逆に「今すぐ成功する事」は基本的に諦めた方がいいと考えています。それほど成功とは簡単なものではないからです。(p.142)

10年あれば基本的に人は何者にでもなれます。ですが、惰性で生きたら人は衰退していくだけです。10年後に自分はどうなっていたいのか。これは本当に真剣に考えた方がいい事です。
常に種を蒔き、10年後に最も華やかなもの、場所、銘柄、ビジネスなどを想像しながら先手を打っていく事が必要です。リスクを取らなければ、大きなリターンはあり得ません。10年後にこうあるべきだと思うならば、そのゴールを目指して今から着手していく事が重要です。
未来を放置する事は、自分の人生を放置するのと同じ事です。あなたは未来をど予測し、それに対して、あなたはどう動くのか。
「未来を生きる」というスタンスにさえなれば、今何をしなければいけないかが自ずとわかってくるはずです。(p.144)

私は、先行している成功事例には乗りません。あくまで自分の頭で考え、自分が納得した方法でやります。それが上手くいくかどうかなど知りませんが、それでほぼ上手くやってきました。(p.158)

「自分が何をやりたいのかよくわからない」
「毎日がつまらなくて、無気力です」
そういった声が、最近とても多く寄せられてきています。私が思うに、そう考える人々の多くは、「何も積み上げていない」のだと思います。
これまで長期的な視点を持って何かに取り組んだ経験がないから、「何をしたらいいかがわからない」し、「人生が退屈」なのではないでしょうか。(p.193)

投資能力を向上していけば、人生は必ず上手くいきます。自分が付き合うべき人、結婚するべき人、仕事をするべき人、さらに住むべき国やいるべき環境など、あらゆるものが見えてきます。そう考えると、人生の全ては投資能力次第だと思います。(p.202)

私の基準は厳しく、仲が良いからといって馴れ合いで何かを一緒にする事はなく、仲が良くても空気を読まずに断ります。なぜなら、他人に乗るということをしてきて、ことごとく私はお金を失ってきたからです。
人は誰かと同じ行動をするのが好きです。安心もできるし同じトークができる。一人で投資したら話し相手すらいない。しかし、私の経験から言って、皆と同じ道が破滅の始まりです。だから、私の仕事はお断りすることです。友人からのお誘いや営業に乗って投資することはあり得ず、投資対象は必ず自分で探してきます。(p.203)

ダイエットにしろビジネスにしろ、まずは直近の事に命を賭けるべきです。そこに疑問を持っても意味がありません。今日正しく振る舞える人は明日も概ね正しい1日となり、それがまとまると大きな結果となるのが人生です。(p.250)

私自身は自由を第一に置いているため、どれほどお金をもらっても、例えばコンサルティングやセミナーはお断りしております。お金を頂戴して大きな責任からストレスを抱え込むよりは、投資に時間を使う方が効果的にお金を稼げる事がわかったからです。(p.320)

自粛や同調、忖度を一切打破し、思いっきり気の向くままに突き抜けていかないと、人生を無駄にする事になります。人生は短いから、なるべく早い段階でこれができるようになるかどうかが全てなのです。(p.323)

最後に

新R25のインタビュー記事も面白かったです。
https://r25.jp/article/628340146074932524

イチローも、群れずに自分の信じる道をストイックに追求する人ですね。
僕は、そういう人が好きなんだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告