BILLY BAT


BILLY BAT (現在、1巻のみ発売中)(浦沢直樹/講談社)

浦沢直樹という人は、もともと持っている幅が広いというだけでなく、それをみずからどんどんと広げていくことに、飽くなき挑戦を続ける人なのだと思う。彼ほどに「漫画とは何か」ということを常に考えている人はいないのではないかと思う。
「YAWARA!」であれほどに「漫画っぽさ」に忠実に従った描き方をしたかと思えば、「MONSTER」では一転して「漫画っぽさ」を徹底的に否定したリアルな描き方に転換をする。
そして、この「BILLY BAT」という作品もやはり、これまでの漫画にはない、新しい境地を開拓している作品だった。
冒頭の、メタ漫画としての入り方からしてかなり斬新だし、主人公のキャラクターも時代設定もだいぶユニークで、この先の展開が、まったく予想がつかない。
これまでの作品と同じく、ミステリーっぽい話しの進み方はしているものの、その割合はだいぶ薄まって、正統的な、ストーリー重視の内容になっている感じがする。
どうかこのまま、最後までワクワクさせ続けたまま、素晴らしいエンディングを見せてほしいと切に願っている。
ソーシャルブックシェルフ「リーブル」の読書日記

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告