駅から5分 3巻

15715969.jpg
駅から5分 3巻(くらもちふさこ/集英社)

すごく面白い。
推理小説のような本で、「さっきの伏線がここで活きてくるのか!」という仕掛けがたくさんあるものは読んでいてワクワクするけれど、この「駅から5分」は、それと似た驚きに満ちている。
一人称の視点からの語りを一次方程式の物語だとすると、この本は、とても多くの人物からの思考という変数が絡み合った多次元方程式の様相を見せていて、そういう、人の繋がりの不思議さを感じさせてくれる、見事な構成だと思う。
DSCF4816.JPG
登場人物が増えてさらに複雑さを増した、巻末の人物相関図がスゴいことになってきた。月刊誌に連載しているからなのか、刊行ペースが遅くて、この3巻は一年以上ぶりに出た新刊。どこまでこの、花染町という町を舞台にしたミクロコスモスが広がっていくのか、先がとても楽しみだ。
駅から5分(1~2巻)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告