血のつながりがない他人だからこそ、建前のない本当の関わりが出来るということもある。映画『万引き家族』


これは本当に、素晴らしい映画だった。

家族とは何か。
どういう集合のことを家族と呼ぶのか。

血がつながっているからこそ、互いの距離を縮めなければいけないという義務が生じて、その結果疎ましくなるということもあるし、その逆に、血のつながりがない他人だからこそ、一緒にいなくてもいいという自由があるからこそ、建前のない本当の関わりが出来るということもある。

家族というのは、同じ家で一緒に生活をするうちに、家族になっていくのだと思う。
下町の片隅で暮らす彼らの生活は、本当の家族以上に理想的な部分があった。
でも、「社会」は彼らを家族とは決して認めてくれない、非社会的な矯正すべき存在として抹殺しようとする。
そして、自分を守る力を持たない非力な彼らは、あっけなく解体されてしまう。

(※以下、映画のネタバレを含みますので、先に内容を知りたくない方は、映画を見てからお読みください)

兄と妹の関係

駄菓子屋「やまとや」のおじいちゃんの、「妹には、させんなよ」という言葉。
それが、後できいてくる。
兄が妹を守ろうとする行動につながる。
そして、家族がバラバラになってしまうきっかけとなった出来事が、妹を守るためだったというのがせつない。

父と子の関係

祥太は常に、自分と家族とのつながりに自信を持てないでいる。
だからずっと、治のことを「とうちゃん」と呼ぶことが出来ない。
治が、車上荒らしで車内の物を盗んだとき、
「僕もああやって、盗もうとしたときに見つけたの?」と、祥太は尋ねた。
治は、「あれは、お前のときは、お前を助けようとして、やったんだよ」と答える。
この言葉に、祥太はものすごく救われただろう。

カップラーメンにコロッケをひたして食べるのが、この二人にとっての「思い出の味」なんだな。
それを、おそらく二人で食べる最後になるであろう食事に食べる。
「こんな食べ方、誰に教わったんだ?」と聞いたとき、きっと彼は「とうちゃん」と言って欲しかったんだろう。
でも祥太は言いにくそうにして、結局何も言わず、その沈黙に耐えられずに「・・あ、俺か」と言ってしまう。
結局最後まで、「とうちゃん」とは口にしなかったけれど、でも、心の中ではきっとそう呼んでいたはず。

暗い家と明るい家

この映画の中にはもうひとつの家庭が出てくる。
主人公たちが住む、狭くて薄暗いごちゃごちゃとした家とは違い、明るくて光にあふれる豊かな家。
一見すると幸せそのものの象徴のようなこの家の中に、実は、人知れず暗い闇が生まれている。
その、ポジとネガの対比。

最後の言葉の意味

バスに乗る前に祥太が言った、「僕、わざとつかまった」という言葉は何だったんだろう。
たしかに、いろいろな秘密を抱えて、自分の中に罪悪感を抱え続けることが出来なくなって、本心ではつかまることを望んでいたのかもしれない。
でも、つかまった場面を思い返すと、わざとつかまったんではないのは明らかだ。

嘘だとしたら、自分が「捨てられた」ことへの仕返しなのか。
それとも、あえてそのように言うことで、治への未練を断ち切ろうとしたんだろうか。

治は自分を育ててくれたけれど、しかし、学がないゆえにいろいろな失敗を重ねてきた。
そしてその結果として、妹のゆりまでが失われてしまった。
そういう治を反面教師として、乗り越えようとすることで、自分は人を守れる強さを持とうと思ったのかもしれない。

「俺はおじさんに戻る」と言った治もまた、このまま祥太と居続けることは叶わないと知っていた。
治は、おそらく祥太が自分を振り切って、先に進んでいこうとしていることに気がついただろうと思う。
そしてそのことを、寂しく感じつつも、嬉しく思ったはずだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告