GHOSTS

Ghosts (New American Fiction Series, No 5)
GHOSTS(Paul Auster/Sun & Moon Pr)

これ以上ないくらいに単純化された舞台と、登場人物で構成された物語。
この物語では、登場人物への名前すら与えられていない。「Black」と「Blue」という名前には、抽象化された記号という以上の意味はなく、それがたとえ「a」と「b」であっても、「○」と「△」であってもこの作品には何の影響も及ぼさなかっただろう。まるで演劇のような、余計なものが削ぎ落とされたミニマムなステージの上で、物語は淡々と展開する。
そこには、観察する人間と観察される人間しか登場しない。そして、その2種類の人間を同時に見守る、観客としての役目を持った読者。そこまでを登場人物に含めたとしても、この物語に必要なキャストはたったの3人ということになる。
素粒子の縮尺の中では、「観察」という行為が非常に重要な意味を持つのだという。量子的世界では、物質は何者かによって観察されるまでの間は何物でもなく、いわば幽霊と似たような曖昧な存在ということだ。
社会的な存在である「人間」の場合でもやはり、自分を映してくれる他人という鏡の存在がなければ、自分について知るところは非常に限られたものになってしまう。自分自身の実体をはっきりと感じたいと思えば、他人が介在することによって自分を観察してもらうしかない。
この「GHOSTS」は、孤独がどれだけ人の心を蝕むかということを、誰もいない無人島ではなく、マンハッタンで表現した作品なのだと思う。
【名言】
To speculate, from the Latin “speclatus”, meaning mirror or looking glass. For in spying out at Black across the street, it is as though Blue were looking into a mirror, and instead of merely watching another, he finds that he is also watching himself.(p.146)
Little does he realize that this is the beginning of the end. For something is about to happen, and once it happens, nothing will ever be the same again.(p.165)
Anything is possible, says Black. But first of all, I’ve got to finish it. There are days when I don’t even know if I’ll live that long.
Well, we never know, do we? says Blue, nodding philosophically. One day we’re alive, and the next day we’re dead. It happens to all of us.
Very true, says Black. It happens to all of us.(p.188)
But of course you did, says Black, in a slightly mocking voice. Of course we’re friends. We’ve been friends from the beginning, haven’t we? The very best of friends.(p.194)
To remind me of what I was supposed to be doing. Every time I looked up, you were there, watching me, following me, always in sight, boring into me with your eyes. You were the whole world to me, Blue, and I turned you into my death. You’re the one thing that doesn’t change, the one thing that turns everything inside out.(p.196)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告