賭博者


賭博者(ドストエフスキー/新潮社)

極端な物語だ。
登場人物みんなが、切羽詰まっている。こういうギリギリの状況こそ、文学が人間を描くのには最適な舞台なのだろう。そう考えてみると、賭博場というのは、作家にとって理想的な環境が揃った空間であるのかもしれない。
この小説には、二人の強烈な賭博者が登場する。
一人は「わたし」という一人称で語られる主人公、もう一人は、高額な遺産を遺すであろうと親戚から期待されている老婆。いずれも常軌を逸したギャンブルの仕方をして、その行為で、自分の人生そのものを博打のタネにしようとする。
そして、もう一人、自らはギャンブルには関わらず、大儲けした男の金を使って堅実に地場を固める、峰不二子っぽいマドモアゼルが登場する。結局のところ、この悪魔的美女が最強キャラというところが、なんだかリアルだなあと思う。
一瞬にして人生が変わる瞬間というのは、一度経験したら逃れられないほどの誘惑なのだろう。その大きな賭けの結末は、周りの人々の人生の崩壊や、パリでの数週間の夢のような日々へと変わっていく。この、夢とうつつがリンクしたような、ドラマチックな展開はとても好きだ。
ドストエフスキーは、そういう破滅的な性格を「ロシア的なもの」と主人公に言わせているけれど、これが的を射た事実かどうかはわからない。でも、確かに、ドイツ人やイギリス人にはなさそうな気質の感じはする。
この小説で、一番好きなシーンは、ラストシーンだ。主人公は、ルーレテンブルグ(「ルーレットの街」という意味の架空の街)で有金を全部失ってしまう。食事を一食する分だけの金がポケットに入っていることに気づいた時、引き返して、それをも賭けに使おうとしてしまう。
いろいろと悲惨なところがある物語だけれど、最後の締めくくり方には、希望を感じさせられる。
【名言】
あの時わたしは、有金残らず、すっかり負けてしまった・・カジノを出て、ふと見ると、チョッキのポケットにまだ一グルデンの貨幣がころがっていた。「ああ、してみると、食事をするだけの金はあるわけだ!」。わたしは思ったが、百歩ほど行ってから考え直し、引き返した。わたしはその一グルデンを前半に賭けた(あの時は前半がよく出ていた)、実際、祖国や友人たちから遠く離れたよその国で、今日何を食べられるかも知らぬまま、最後の一グルデンを、それこそ本当に最後の一グルデンを賭ける、その感覚には、何か一種特別のものがある!わたしは勝ち、二十分後には百七十グルデンをポケットに入れて、カジノを出た。これは事実である!最後の一グルデンが、時にはこれほどのことを意味しかねないのだ!もし、あの時わたしが気落ちして、決心をつけかねたとしたら、どうだったろう?明日こそ、明日こそ、すべてにケリがつくことだろう!(p.310)
わたしがルーレットにそれほど多くのものを期待していることが、いかに滑稽であろうと、勝負に何かを期待するなぞ愚かでばかげているという、だれもに認められている旧弊な意見のほうが、いっそう滑稽なような気がする。それになぜ勝負事のほうが、どんなものにせよ他の金儲けの方法、たとえば、まあ、商売などより劣っているのだろう。勝つのは百人に一人、というのは本当だ。しかし、そんなことがわたしの知ったことだろうか?(p.26)
僕はいっそロシア式にどんちゃん騒ぎをやらかすか、あるいはルーレットで大儲けするかしたいんです。五代後にホッペ商会になるのなんか、厭なこった。僕が金を必要とするのは僕自身のためにであって、僕は自分を何か資本にとって必要な付属物とはみなしてませんからね。(p.55)
僕はなんの希望も持っていないし、あなたから見ればゼロにひとしい存在だから、ずばりと言いますけど、どこにいても僕の目に映ずるのはあなたの姿だけで、それ以外のものはどうだっていいんです。なぜ、どれほどあなたを愛しているのか、僕にはわからない。どうなんでしょう、ことによると、あなたはまるきりきれいじゃないのかもしれませんね?ねえ、どうですか、僕はあなたの顔さえ、美しいのかどうか、わからないんですよ。あなたの心はきっと、よくないに違いない。知性も高潔じゃないし。こいつは大いにありうることですね。(p.66)
わたしはこのゲームをまったく知らなかったし、ここにもやはりある赤と黒以外は、賭け方もほとんど一つとして知らなかった。その赤と黒にわたしはひきつけられたのである。カジノじゅうがまわりにむらがっていた。この間たとえ一度なりとポリーナのことを考えたかどうか、おぼえていない。その時わたしが感じていたのは、ずんずん目の前に積み上げられてゆく紙幣の山をひっつかみ、かき集めるという、一種の抑えきれぬ快感であった。(p.246)
あなたは人生や、自分自身の利害や社会的利害、市民として人間としての義務や、友人たちなどを(あなたにもやはり友人はいたんですよ)放棄したばかりでなく、勝負の儲け以外のいかなる目的を放棄しただけではなく、自分の思い出さえ放棄してしまったんです。わたしは、人生の燃えるような瞬間のあなたをおぼえていますよ。でも、あなたはあのころの最良の印象なぞすっかり忘れてしまったと、わたしは確信しています。あなたの夢や、今のあなたのもっとも切実な要求は、偶数、奇数、赤、黒、真ん中の十二、などといったものより先には進まないんだ、わたしはそう確信しています!(p.299)
そう、あなたは自分自身を滅ぼしたんです。あなたはある種の才能や、生きいきとした性格を持っていたし、わるくない人間でしたよ。あなたは、人材を大いに必要としている祖国にとって、役に立つことさえできたんです。だけど、あなたは残るだろうし、あなたの人生は終わったんです。わたしはあなたを責めはしない。わたしの見たところ、ロシア人はみんなこうか、あるいは、こうなる傾向を持っているんです。ルーレットでないとすれば、それに類した別のものってわけですね。労働が何であるかを理解しないのは、べつにあなたが初めてじゃないんです。(p.307)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告