SAW

SAW ソウ DTSエディション
どういう小説や映画が好きか、と尋ねられれば、次の展開はどうなるのかと常に期待を持たせてくれるような作品は好きだ。
まったく予想もしなかった流れに、いつしか乗せられていくような感じがあるといい。
更にそれがいきあたりばったりでなく、緻密に計算された上で、構成されていたりすると、「やられた!」としか言いようがない。
そういう驚きにこそ、物語の楽しさの神髄があるような気がする。
「SAW」という映画は、すごかった。
もともと、ホラーや、怖い映画はまったく受け付けないので、「SAW」も観ずにおくつもりだったのだけれど、勇気を出して観てみることにした。
もともとの期待値が低かったこともあって、かなり予想を上回る出来ばえだった。
怖い映画ではあるけれど、映像が怖いというよりも、どちらかというと舞台や設定の効果によって想像力をかきたてるような怖さだ。
予算をかけずにアイデアで勝負している映画であることや、雰囲気は「cube」によく似ていると思った。
先の展開が本当に予想がつかない。驚きの連続で、息つく間もなくストーリーは進んで行き、そして観終わった後には、作品全体が仕掛けと伏線に満ちあふれていたことに気がつく。
よく練られた映画だった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告