レベル7


レベル7(宮部みゆき/新潮社)

よく出来ていると思った。よく練られたミステリーという感じで、謎めいた導入部分から、その解決編まで含めて、見事な構成だと思う。この作品を高く評価する人が多いということは納得出来る。
しかし、何故か余韻が残らない。読み終わってしばらく経つと、たぶん、その内容のほとんどを忘れてしまうだろうという気がする。作者が発信する思想やメッセージのようなものが、何もひっかかってこなかったからじゃないかと思う。
これだけ長い物語の中で、【名言】として抜き出す部分が一つもなかったというのは珍しい。セリフがいかにも台本に書かれた言葉っぽい感じで、「実際には、そんなことを言う人はいないだろう」というセリフばかりにみえる。上手にまとまっているのだけれど、優等生すぎて印象に残らないという、なんというか、教科書的な作品と思った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告