新着図書コーナー

図書館の「新着図書」コーナーはいい。
新着図書はまだ誰にも借りられてないので本がキレイという良さが、まずある。
それと、なんといっても、新着図書との出会いというのは一期一会の感じがある。
図書館に入る度に、そのタイミングでしか出会わない新着図書と相対することになる。
その選書が、自分の意思とはまったく無関係にランダムで、著者もジャンルも雑多であるというところがいい。
普段だったら、書架の中に埋もれて決して目につかず、縁もなかったような本に、新着図書のコーナーでは会うことがある。
そこで偶然に手に取った本というのは、たいがい、その時の自分に必要なものであったり、今まで知らなかった新しい世界に導いてくれる本だったりする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告