Harry Potter and the Prisoner of Azkaban


Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(J.K.Rowling/Bloomsbury Publishing PLC)

ハリー・ポッターシリーズの3巻目。
巻を重ねるごとにだんだんと、ファンタジーっぽい風味を増してきていて良い。
小道具や、物語の舞台もどんどん広がっていって、ホグワーツという空間の世界観に厚みが加わっていっている感じがする。
今作でも、新しいアイテムが色々出てきたけれど、特に、人の現在地がリアルタイムで表示される地図は、「こんな道具があったら面白い」と思うナンバーワンの道具だった。
キャラクターの中では、Dementorという、魂を吸う幽霊が強烈なインパクトがあった。生者の口から魂を吸い取るシーンは、かなり怖い。
ストーリー自体は、さらにミステリー&サスペンスの度合いが深まっていて、展開が二転三転するので、内容を正確に理解するのが大変だった。さらに今作は、背景にやや複雑な人間ドラマがあって、それが面白いところでもあり、関係の把握が難しいところでもあった。
途中、SFっぽいトリックが出てくるのだけれど、この部分はさすがにちょっとムリがあると思った。いかにファンタジーとはいえ、禁じ手なのではないかと思うような強引さがある構成で、そこはちょっとイマイチな作りだったと思う。
この「アズカバンの囚人」は、映画版を見てから、小説を読んだのだけれど、かなり内容が違う。映画版のほうは、もはや、収まりきらないから途中を省略してあるというだけでなく、エンターテイメントとして楽しめるように、映画向きに内容が変更されている箇所もいくつかある。内容の密度や細かさでは、だんぜん小説のほうが上だけれども、映像のキレイさというでは映画に軍配が上がるので、それぞれ別物として楽しむべきものと思った。
【名言】
He didn’t know what he wanted to do. All he knew was that the idea of doing nothing. while Black was at liberty, was almost more than he could stand.(p.159)
His Patronus was too feeble to drive the Dementor away. All it did was hover, like a semi-transparent cloud, draining Harry of energy as he fought to keep it there. Harry felt angry with himself, guilty about his secret desire to hear to his parents’ voices again.(p.182)
‘Don’t expect me to cover up for you again, Harry. I cannot make you take Sirius Black seriously. But I have thought that what you have heard when the Dementors draw near you would have had more of an effect on you. Your parents gave their lives to keep you alive, Harry. A poor way to repay them – gambling their sacrifice for a bag of magic tricks’.(p.213)
He had forgotten about magic – he had forgotten that he was short and skinny and thirteen, whereas Black was a tall, full-grown man. All Harry knew was that he wanted to hurt Black as badly as he could and that he didn’t care how much he got hurt in return…(p.249)
‘The consequences of our actions are always so complicated, so diverse, that predicting the future is a very difficult business indeed… Professor Trelaway, bless her, is living proof of that. You did a very noble thing, in saving Pettigrew’s life.’
‘But if he helps Voldemort back to power-!’
‘Pettigrew owes his life to you. You have sent Voldemort a deputy who is in your debt. When one wizard saves another wizard’s life, it creates a certain bond between them… and I’m much mistaken if Voldemort wants his servant in the debt of Harry Potter.’
‘I don’t want a bond with Pettigrew!’ said Harry. ‘He betrayed my parents!’
‘This is magic at its deepest, its most impenetrable, Harry. But trust me… the time may come when you will be very glad you saved Pettigrew’s life.'(p.311)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告