NO IMAGE

有限と微小のパン

有限と微小のパン(森博嗣/講談社) シリーズ第一作目の「すべてがFになる」と対応する構造になっている、この、シリーズ最終作は、副題も、「...

NO IMAGE

数奇にして模型

数奇にして模型(森博嗣/講談社) 純粋なトリックというよりも、犯人の精神異常という形で収束させた点は、ちょっと納得はいかなかったけれど、...

NO IMAGE

今はもうない

今はもうない(森博嗣/講談社) これは、見事に騙された。 種明かしがわかった時には、思わず吹き出してしまったほどの、会心のトリックだった...

NO IMAGE

夏のレプリカ

夏のレプリカ(森博嗣/講談社) 「幻惑の死と使途」と同時期に起こった事件ということで、同時並行的に進む形をとっている作品。その構成は面白...

NO IMAGE

幻惑の死と使途

幻惑の死と使途(森博嗣/講談社) この小説の大きなテーマになっているのは、唯名論ともいうべき、「名前」「名詞」に関する考察だ。そのテーマ...

NO IMAGE

封印再度

封印再度(森博嗣/講談社) このシリーズは、どれもタイトルが凝っていて面白いけれど、「封印再度」という題も見事だし、さらに副題に「WHO...

NO IMAGE

詩的私的ジャック

詩的私的ジャック(森博嗣/講談社) トリックの緻密さには感心をしたけれど、動機の部分がいまいち理解しがたいために、読後の納得感はちょっと...

NO IMAGE

笑わない数学者

笑わない数学者(森博嗣/講談社) シリーズ中でも、この作品はとくに面白かった。 ミステリー仕立てではあるのだけれど、それは導入にすぎず、...

NO IMAGE

冷たい密室と博士たち

冷たい密室と博士たち(森博嗣/講談社) かなり本格的にロジック中心の、硬派な推理小説だった。 奇抜な発想で驚かせるというよりも、詰将棋の...

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告